いつかはこんなところでブルーレイの作成も


うちの娘は、3歳の時からバイオリンを習っています。
もうすでに12年も習い続けています。
小さい時から毎日毎日休むことなくお稽古をしてきました。
おかげで最近では、いろんなところに声をかけてもらい演奏会に行くようになりました。
お師匠さんの紹介で、県外に行くこともあれば、ご近所の人から依頼を受けて会社のお祭りとか、病院内でのコンサートなども開かせていただいたりしています。
まだ中学生だと言うのに、ありがたいことです。
もうすぐ、バイオリンの世界大会というイベントが催されます。
こちらでは、大きな会場で世界各国から仲間たちが集い、一緒に演奏をします。
観客も合わせて6,000人ほどが集まる予定です。
残念ながら、子供を1番応援してくれているおばあちゃんは連れて行ってあげれませんが、大会が、ブルーレイに映像を収めてくれるみたいなので、それを見せてあげようと思います。
本当は、彼女のブルーレイを作成してあげたいなと思っていますが、なかなかそこまではね。
映像に残ると言うのは、ある意味、現物を見に行くよりも心に残ります。
だって、全体を見渡すわけではなく、強調したいところがズームアップしてくれますからね。
本当は、いつか、娘のコンサートのブルーレイを作れるほどにまで成長してくれたらいいのにななんて、淡い夢を抱いています。