不動産屋にいってみる


仕事場が春から変わり、今のアパートからは、離れることになった。
更新日までまだ、少しあるのだが、電車を乗り継いでいくのは、面倒だなと思い、不動産にいって、仕事場近くのアパートを探すことにした。
新しい仕事場には、三年勤務することが決まっているので、とりあえずは、三年住む。
不動産にいき、今は、引っ越しシーズンなだけあって、空きもあるがいいところは、埋まってしまってる状態だった。
しかし、幸いにも、すごく田舎になるので、新しいアパートも空きがある状態であった。
不動産にきてみてよかった!と思いながら探した。
めぼしいところを二件みつけて、とりあえず、内見をした。
すると、すごく、きれいなところで、二つともいいなと思った。
最近、リフォームしたところは、築年数はいっているが、きれいで広くて、家賃が低かったので、そこに決めた。
一人暮らしが長くなると、どういったアパートが使いやすいかと頭でわかっているので、アパートを探すときに重視することが定まってくる。
不動産の人にも事細かく伝えなくてもわかってもらえたので、探しやすかった。