鍼灸師になるには体験入学も


「鍼灸師」になるためには、「はり師」と「きゅう師」それぞれの国家試験に合格する必要があります。
それらの受験資格を得る方法には、鍼灸学科がある大学(短大)や、鍼灸系の専門学校で学ぶことが条件とされています。
もちろん、高校卒業後、ストレートに入学する必要はありません。
ある専門学校のサイトには「鍼灸師を目指す高校生・大学生・社会人の皆様へ」といった表現があり、選択肢の多さに納得できます。
また、その専門学校に限らず、体験入学ができる学校も少なくないようです。
鍼治療などに興味を持っている人は、入学前に体験しておくと安心ですよね。
学校説明会なども、その学校の雰囲気を知る貴重な機会ですので、可能な限り参加するとよいでしょう。
「はり師」や「きゅう師」の国家試験は、いずれも筆記試験です。
そのため、仕事に必要なスキルを身に付けるためには、学校選びが大きなポイントではないでしょうか。
「はり師」や「きゅう師」になると、患者様を相手に仕事する必要があります。
自信を持って仕事するためには、しっかり学べる学校選びが大切です。
体験入学ができる学校を探して、将来のために役立てましょう。